イギリスで考えたこと

1
デザイナーの岡本です。
月一で私のつぶやきも SIRI SIRI のブログに登場する予定なのでどうぞ宜しくお願いします。
今回と次回は11月に発表した新作 2017s/s collection “SPRING” と 2016 Christmas collection “PAVILION” のデザインについて。
これらは今年の3月〜8月まで行っていたイギリス留学中にデザインをしたので、現地で体験したことや感じたことが反映されているかもしれません。
私が滞在していたのは電車でロンドンから南へ一時間ほどの Brighton という海辺の街で、ロンドンの人々からすると東京の人が湘南エリアに遊びに行くような感覚の街です。
Brighton はゲイやヒッピーの街としても有名で、その町並みはとってもカラフル。
日本では思いつかないような壁の塗り分けをしています。この色の組合せが絶妙でよく街を散策してデザインの参考にしていました。

2

3

私はホームセンター巡りも趣味としているので、Brighton の DIY SHOP(巨大!)もパトロールしてみたところ、ペンキの色のバリエーションが信じられないほどありました。渡英する前のイギリスはもっとシックな色合いのイメージだったのですが、だいぶそのイメージが変わり、やはりここはアメリカの原点なんだなと納得しました。新作 “SPRING” で、SIRI SIRI としてはめずらしく、色ガラスを使ったのはその影響だと思います。イギリスほどカラフルではありませんが。

4

5
ではまた。

2017 s/s SIRI SIRI collection“ SPRING ” – Spring springs! – は、こちらからご覧になれます!

SIRI SIRI Official Blog START!

はじめまして、SIRI SIRI SHOPより

関連記事

  1. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-06-19-07-57-34

    東京の肖像

    デザイナーの岡本です。5月末にイギリスから日本へ帰ってきました。今年の夏は日本で過ごす予定です。…

  2. photo1

    アラベスク

    先月訪れた高松の本屋「なタ書」のオーナーである藤井さんから、「トルコ 旅と暮らしと音楽と」という本が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP