a/w 2017 -2018 Collection Introduction.

2400x1600今回は、 7月から発売開始した a/w 2017 -2018 Collection をご紹介させていただきます。

今コレクションでは、“ビーズ織り”という技術を用いたジュエリーが、新しく仲間入りしました。
みなさまは、ビーズ織りという技術を見たことはありますか?

マットな白、艶やかなミルキーピンク、爽やかでクリアな水色‥

ガラスでできた何万色とある小さなビーズを、設計した図面にそって色をあわせ、ミニチュアの織り機を使って織り上げます。
dsc_4015-1その質感は、しっとりとしたファブリックのような触り心地に、ヌルっと肌にすいつく感触。今までに触れたことのない新しい感覚が湧きおこります。

dsc_4022-2
そして平織りのビーズに、ひねりを加え身につけると、立体的なフォルムが姿を現します。この立体感は、ファブリックではすることができない、ビーズ織りの魅力です。

ビーズ織りは、アンティークジュエリーに通ずるノスタルジックでかわいらしい存在。それと同時に、途方もなく錯覚をおこしてしまう程の、完成までの道のりは想像するのに容易です。その両極のエレメントが同時に存在する姿は、SIRI SIRI ジュエリーのラインナップに入るべくして入ったという感覚さえ抱きます。新しく仲間入りした技術でありながら、SIRI SIRI の存在を体現してくれるコレクションになりました。

 

企画・営業 m.m.

アラベスク

店長のいちにち

関連記事

  1. dsc01194

    ‘RADEN’ ジュエリーができるまで

    2/10 (土) より発売開始の s/s 2018 新作 ’RADEN’ collection.…

  2. top

    Introduction – 2017 s/s N…

    昨年11月に発表した新作2017s/s New collection が、いよいよ2/25(sat.…

  3. top%e7%94%bb%e5%83%8f_%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b02017ss

    Bag SPRING♪ – 2017 s/s Ne…

    いよいよ 2/25 Sat.新作2017s/s New collection…

  4. 0

    素材への旅/第二回 ガラスについて

    変幻自在な素材今回はSIRI SIRIの代表的な素材、ガラスについてお話しします。S…

  5. 02

    素材への旅 / 第6回 麻について

    馴染む素材今回は、人類が用いた最古の繊維ともいわれており、日本でも昔から多用されていた素材、…

  6. n_2_light-3

    DESIGNER INTERVIEW vol.2:s/s 20…

    2/10 (土) より発売開始の s/s 2018 新作 ’RADEN’ collection デザ…

  7. %e3%83%89%e3%83%83%e3%83%8801

    素材の旅 / 第5回 金属について 

    廻る素材ジュエリーといえば貴金属(金やシルバー、プラチナなど)、SIRI SIRIもほとん…

  8. _dsc7036

    シグネチャー・アイテムのご紹介

    2/10 (土) より発売開始の s/s 2018 新作 ’RADEN’ collection.…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP